ずっと前にサンプルダウンロードしていた洋書を 忘れた頃にすることないなぁ〜 あ、そうだこれこれと読みはじめました。

ケイト アトキンソンは好きな作家。初めて読んだ彼女の本は ユーモアのなかに心をホンわりあたたかくするような背景があり、大好きでした。最後は悲しい終わりなのだけれど、それまではすごくおかしくて笑いころげながら 読みました。この本はまた今度 紹介します。

で、いま読んでいるのは、WHEN WILL THERE BE GOOD NEWS?。サスペンス系ですが、最初の30ページを一気読みしてしまうほど。

オーディオ版もあわせて欲しい〜。彼女はスコティッシュだけれど、とてもきれいなアクセントで聞きやすいです。



この本をきっかけに またケイト アトキンソンにはまろうと思います。



にほんブログ村 英語ブログへ

| main |